2012年 06月 04日 ( 1 )

知覧特攻平和会館   特別攻撃隊

こんにちは(^^)


先日、鹿児島県の知覧町って所へ行って参りました。


理由はと言うと


特攻平和会館という施設の訪問見学です。




太平洋戦争時代


日本軍が戦闘機に爆弾を積んで


沖縄近海へ停泊する空母など主要艦隊へ


体当たり攻撃をするという作戦がありました。


その主要本部基地となっていたのが


この知覧なのです。




そして


その攻撃の任務を務めた部隊


みなさんもご存じかと思われますが




特別攻撃隊 特攻隊です。




私がこの特攻隊を初めて知ったのは10代半ばぐらいでした。



衝撃を受けたのを覚えております。



以来


この特攻隊として任務を果たされた方々の思いだったり


また


そのご家族


仲間・彼等を支えた人々など




あらゆる角度から、この歴史を私は見つめて参りました。





もし自分がこの時代に生まれていたならば・・・・。


もし自分がこれから特攻に行くとなれば・・・・。


もし自分の子供が特攻に行くとなれば・・・・。




自分に置き換え幾度も考えました。



しかし


やはりどうしても


彼等の気持ちを感じる事が出来ません。




実際に



今から “ 数時間後に自分はこの世から居なくなる ”



将来は無い


暖かい家族の温もりをもう二度と感じる事が出来無い


笑う事も何もかも・・・・・・・・・


無いものばかり・・・・・・・・・




自分の将来の全てが無い・・・・・・・・!!





本当にその境地に立ってみないと彼らの苦しみや悲しみは



分からないのです。




先程の



もし自分がこの時代に生まれ、10代20代で出征を命じられたならば




私は間違いなくこの特攻隊に志願する!



そう思っておりました。




今の時代では考えられませんが


もし本当に私が当時の人間だったならば


そうだったのでは!?



としか思えないのです。




色々な特攻隊をテーマにした映画をみたり


記事を読んだりしておりました。




いつか機会があればこの歴史の舞台へ是非行こうと思っておりました。





そうしながら数日前


ある人との出会いがあり


知覧の話が偶然出たのです。


その時に沢山のお話をさせて頂きまして



私は



これがそのいい機会だ!



と思い行って来た次第です。




c0114955_1821725.jpg


c0114955_1435401.jpg

知覧の道路脇に並ぶ沢山の燈籠



c0114955_1448188.jpg


c0114955_14482849.jpg


c0114955_14483516.jpg


c0114955_14484558.jpg


c0114955_14485089.jpg







c0114955_144916.jpg


c0114955_1449639.jpg


c0114955_14491714.jpg


c0114955_1449233.jpg








c0114955_14493648.jpg


c0114955_14494111.jpg


c0114955_14495024.jpg


c0114955_14495528.jpg


c0114955_1450620.jpg


c0114955_14501216.jpg


c0114955_1450292.jpg


c0114955_14504056.jpg







c0114955_14505213.jpg


c0114955_1450577.jpg


c0114955_1451842.jpg








c0114955_14511320.jpg


c0114955_14512336.jpg

まるで


任務を果たした彼らを、沢山の人々がお迎えをしている


そして無事帰還して来たかの操縦士たちの清々しい笑顔


その様な写真ですが





知覧から沖縄まで当時で約2時間弱・・・・・




実際には自分の人生があと2時間終わる




2時間後に自分は死ぬ





この世に存在しない・・・・・・・・・・・・・・・・・。






そんな状況での彼等のこの笑顔・・・・・・。





言葉がありません。












下記写真は資料写真からの抜粋です。
c0114955_1454918.jpg
第72振武隊 中央下子犬を抱く少年 荒木幸雄さん 享年17歳
荒木を中心とする第72振武隊は「ほがらか隊」と称し、出撃までを過ごす。当初の出撃予定日だった1945年5月26日、出撃予定時刻の2時間前に記念撮影を行うが、その日は悪天候で出撃中止となった。5月27日、第72振武隊・九九式襲撃機の隊員は万世飛行場を出撃後、沖縄本島中部に広がる金武湾の東約50kmの位置で、アメリカ海軍のレーダーピケット駆逐艦「ブレイン」(USS Braine, DD-630)に突入したと推測されている。根拠として、突入直前の第72振武隊の九九式襲撃機の写真が残存しているため、荒木もこの駆逐艦を目標としたと考えられる。ブレインは第72振武隊の突入によって大破・炎上、荒木も散華した。享年17。


c0114955_14541961.jpg





c0114955_14542769.jpg





c0114955_14543516.jpg





c0114955_14544266.jpg





c0114955_14545055.jpg





c0114955_145458100.jpg





c0114955_1455678.jpg





c0114955_14551389.jpg


















c0114955_14552173.jpg

c0114955_14553045.jpg
明日、死ににいくという彼らの笑顔
心よりのご冥福をお祈りし、感謝の意を称します。






























今回ここ知覧を訪れて


心身共に感じた事・・・・



昨年の東北大震災や


日々たくさんの悲しい出来事があります。


思わぬ事故や事件、そして自然災害


悲しいニュースはよく聞きます。


そして戦争という過去の歴史


本当に深く考えさせられました。






明日があるという事



生きていられる事の幸せ




  


私が今まで思っていた事




“ もし私が当時のこの時代に生まれた若者ならば ”


特攻隊に志願していたと思う。





現地に行く事によって私の感情に変化があるのか?


私自身に問いかけておりました。



実際に現地を訪れ、資料を沢山拝見し思った事。



やはり私は




特別攻撃隊に志願し、任務を全うしたであろう






その理由ですが・・・・・・



実は何故だか私にも分からないのです。



私と何か関わりがあるのか?



実際にこの知覧での時間に違和感がなかったり


沢山の遺影の中に


自分とそっくりな人を探してみたり・・・・・。


不思議と身近に感じるのです。




ただ


やっぱり私達は


過去の歴史と彼等の想いを悲観的に見るのではなく


これからの未来


たくさん笑顔、たくさんの幸せに感謝し


笑って過ごす事が大切だと思います!!



(^^)/







戦争がこの世界から無くなる事を深く願います。








◎ 知覧特攻平和会館 公式HP
http://www.chiran-tokkou.jp/
c0114955_165787.jpg

c0114955_1653271.gif



映画 「 俺は、君ためにこそ死ににいく 」
c0114955_1672586.jpg

                                         ロケ地:知覧
[PR]

by b_s_kamiya | 2012-06-04 16:39 | BSKブログ